人間と同じように犬でも皮膚病に感染するので対策しよう

犬と猫

犬種の特色

闘犬のブルドッグを祖とするフレンチブルドッグは、交配によって温和な性格になった犬種です。室内で飼いやすい性質を持つため、ペットとして人気を集めています。飼育の際には、基本的なしつけを十分に行うことが大事です。苦手な暑さや過度な運動を避け、かかりやすい鼻の病気についても配慮するようにします。

動物

海外へ行くなら

海外へ行く方にとってペットの預け先は、難題でした。しかし成田空港を利用するのであれば、ペットホテルがあるため安心して預けることができます。ペットが過ごしやすいよう配慮したサービスを行っているので、一度利用してみてはいかがですか。

シーズー

愛玩用ペット

人気の小型犬であるシーズーは、食欲が旺盛な傾向があります。肥満になりやすいため、早めに体重管理をすることが大切です。穏やかな性格のシーズーは、子供や高齢者とも、共存することが出来ます。飼い易さや愛嬌のある見た目が、人気の一因です。

ペットの健康を保つために

犬と医師

感染症やアレルギー

犬の皮膚病には感染症・アレルギー・寄生虫などがあり、細かく分けると100種類以上になると言われています。皮膚病は命にかかわることは少ないものの、犬の病気の中では最も多く見られるものです。また犬は皮膚病にかかった部分を掻いたり舐めたりしがちなので、治りが悪く治療に時間がかかったり、再発したりしやすいのが特徴です。感染症で多いのはブドウ球菌が感染する膿皮症や、白癬菌が感染する皮膚糸状菌症などです。いずれも他の犬から感染するのではなく、免疫力が弱ったときに皮膚の常在菌が繁殖して起こります。アレルギーは人間と同じように、花粉やハウスダストが原因になります。またツメダニ・ヒゼンダニ・ニキビダニによって起こる皮膚病もあります。

治療・改善する方法

感染症は主として抗生物質や抗真菌薬を用いて治療します。寄生虫は虫を退治する薬を使用します。いずれの場合も皮膚を清潔に保つことが重要です。アレルギーは痒み止めで症状を緩和しますが、アレルゲンとなる物質を取り除くことが第一です。薬だけでなく、シャンプーや食事に気をつけることで、早く皮膚病を改善することができます。良質のタンパク質を含む食事は、皮膚の回復機能を補助します。またストレスの軽減も、治療効果を高めることに繋がります。早期治療すれば犬の苦痛も少なく、治療費もかけずに済みます。しつこく同じ部分を掻くようになったり、体を擦りつけるなどの異変に気づいたら、早めに動物病院を受診することをお勧めします。